人気5栄養ドリンクを比べてみた

オロナミンC、デカビタC、リポビタンD、チオビタ、レッドブルの栄養成分をまとめてみました。
すべて単位は「1本あたり」に揃えています。

オロナミンC デカビタC リポビタンD チオビタ レッドブル
発売開始 1965.2 1992 1962.3 1964 2006.4
カフェイン 21mg未満 50mg 50mg 80mg
炭酸
容量 120ml 210ml 100ml 100ml 250ml
タウリン 1000mg 1000mg
エネルギー 79 113 74 70 85
炭水化物 19 28.35 27
ナトリウム 1~3 10.5~25.2 200
ビタミンB1 1.407mg 5mg 5mg
ビタミンB2 2.4mg 1.596mg 5mg 5mg 0.225mg
ビタミンB6 4.9mg 2.1mg 5mg 5mg 5.0mg
ビタミンB12 2.94μg 5μg
ナイアシン 12mg 18.06mg 7.5mg
ビタミンC 220mg 199.5mg

レッドブルは栄養ドリンクではないという人も存在しますが、まぁ成分的に見ればそうですが一般解釈の点では栄養ドリンクとみられていますので並べてみました。
名前に「C」がつくものは主にビタミンCの摂取用、頭や体を動かしたい時にはリポビタンDおよびチオビタ(中身は同じなので味の好みだけで選んでよい)
レッドブルは全く別物でカフェインがリポDより多く入っています。
そのときの頭の働き具合に応じて、左から順に選ぶとよいでしょう。
なお、レッドブルは海外では飲み過ぎて死亡の報道もあるので、「1日1本」程度にすること。毎日飲むのも体にはよくありません。ここぞという時のみ飲みましょう。
飲みやすさでいうと炭酸のないものが飲みやすいので、それらから始めてみるとよいでしょう。

コメントする