シムシティ Simcity Buildit Android攻略法

市の経営者つまり市長になって街を作る課金ゲーではあるが、無料でも全然楽しめる数少ないゲーム。
ルールはこちらにあるので省略するが、最初でも親切にチュートリアルがあるので初心者でも安心だ。
スマホの高い処理能力を生かして、3Dになってグリグリ視点を動かせるのは感動ものだ。おまけに描画も綺麗。

シムシティ2000をプレイしたことがあるが、スマホではルールの緩和が行われている。
・予算設定、赤字(負債)の概念を廃止。赤字になることはないのでゲームオーバーもない
・道路が水道、電気を兼ねている
・住居は勝手に建つのではなく、プレイヤー(市長)が指示
・道路の建築や取り壊しは無料、住居の建築や移動、取り壊しも無料
・税金は勝手に決まる
・公共施設維持費の概念を撤廃。なので勝手にぶっ壊れることもない。忠実にやれば誰でも人口は右肩上がり
・災害は発生しないので対処も必要ない

よって市長の権限は「何をどこに建てるか」「何をケチるか」「何の生産を指示するか」「何を買って何を売るか」だけなので、電車等の隙間時間でも楽しむことができるようになった。
どこかで火災がいきなり発生したら、消防を派遣する操作をしなくてよくなった。ポンプが破裂することもなくなった。等々。
支持率が下がるか、建物を壊すかなどしない限り人口が減ることはない。

対処が必要な時は「!」が表示されて、電力、水道、消防、警察、下水、ゴミの処理については街の壊滅(支持率減、税収減)につながるので早急に対処する必要がある。発電所や水道の公害も問題となる。
最低限住居は警察と消防のエリア内かつ公害の範囲外に配置すること。警察は放置していると廃墟となり人が住まなくなる、消防は放置していると家が燃えてしまうので注意。昔のバージョンは家ごと消えていたが、今のは優しくなったのか?消防署を建てると建物は復旧。
範囲外の警告や公害は住居のみが対象となり、それ以外の施設は考慮しなくてよい。例えば市役所やホームセンターが警察の管轄エリア内である必要は無いので、どこか適当なところに置いておいてもよい。
一方、「住居追加で建てることができますよ~」「学校が欲しい~」などといった住民の提案は無視して構わない。特に教育系に金を投じてもいいことは無いので放置。住居そのものは無料だが、住居を建てると市のリソースを食うことになり、結果費用発生源になる。
発電所もコスパ(費用対効果)を考えて、見栄っ張りなどといって金を使ってしまうと後々苦しくなるので注意。金がない間は一番最下位の安い施設でやり過ごすしかない。
ステージが進むと病院の建設も必要になるが、都市中心部のみ建設しておいて、数棟は範囲外になっても仕方が無い。そのために支持率は100%ではなくなるが、病院がなくても燃えたり廃墟にはならないので問題ない。

ノルマ達成して報酬をもらうには人口を増やす必要がある。人口を増やすには住居の建築が手っ取り早いが、建築にはアイテムが必要なので時間がかかるのが難点だ。
最初の内は人口は公園や森などといった安いものでかさ上げしよう。そして建物はどんどんアップグレード。住居を新規に増やすとリソースを食うので、金がない内はアップグレードで済ませていくのもよいだろう。

最初の内はアイテム(建築に必要な部品)は工場で生産する必要があるが、ある程度プレイすると「貿易」といって金でアイテムを売買できるようになる。
この貿易を通じてアイテムを買うことで、自分で生産しなくても時間を金で買うことで、プレイを進めることが可能。
農作物の建物や家具店を建設するぐらいなら、貿易で手に入れた方がよい。
金は住居建築やノルマ達成などで結構入ってきて、街が発展すると税金だけで黒字運営も可能となる。いかに最初の内に巨額投資をせず、余計な物を建てずにケチるかがポイントである。
ステージが進むと4車線や6車線が建築可能となるが、これは渋滞の提案のないまま勝手に使うと金の無駄となる。もし渋滞の提案が来ても逃げ道があって、一度道路をぶっ壊して再建築するとある程度はしのげる。4車線で渋滞提案→ぶっ壊す→2車線で建設となるが怒られない。これで税金が貯まるまで待つのだ。なので車線が増えた=必ずしも渋滞が緩和するというわけでもなさそうだ。渋滞するのは道路の寿命の問題かもしれない。

1日ぐらいやり込むと誰でも☆15ぐらいまで進めることができるが、そのあたりから手詰まり感が出てきて住民からのアップグレード要求が少なくなるので、警察や消防のエリアを調整しながら住居の新規建設に作戦を変更する必要がある。このころになると部品の種類も増えており貿易で入手した方が効率がよい。

すべてを1から作り直したような印象で、よくいえば「簡単になり誰でもプレイできるようになった」「新しさの中での懐かしさ」
悪くいえば「忠実さがない。以前のような難しさは?」ということになる。
一方、やはり課金ゲーだなと思わせるのが、無料の道を壊すのは確認画面が出るくせに、金を使う部分に関しては確認画面がなくワンタップで行えてしまう点。
皆様も一度プレイしてもらいたい。

出品者必見! オークションで高額入札を狙うコツ9個

入札者は安く買いたい、出品者は高く売りたいのがオークションです。
「○○オフ」では0円だった、という商品でもオークションに出すと値がついたり、そこよりも高く買ってくれる時もあります。
ただし、やり方をちょっと間違えると入札者無しで終わったり、予想よりも低い値で落とされたりすることも。
コツですが、簡潔にまとめるとこうなります。

1.動かしている状態の写真を撮る
例えばナビなら地図の画面、バックカメラが映っている画面、地デジの画面など。
パソコンなら問題なく起動することの証明。テレビなら電源オンの状態。
ソフトウェアなら絶対必須となるパッケージ上のシリアル番号(モザイクをかけること)
電子レンジなら加熱中の写真、冷蔵庫なら開けた時の照明、洗濯機は動画でも撮った方が伝わりやすいかも。
家電製品の場合は通電しているかどうかを写真で確認できることが絶対条件です。なにせ試すことができませんから。

2.付属品は写す
保証書や付属のケーブル、箱などがある場合は写真に納めましょう。
「これ以外はありません」「あとから○○がない!とか文句はつけないでください」という証明になります。
よく文中にある「写真がすべてです」という言葉は、トラブル防止のためです。

3.なるべく綺麗な状態にする
写真を撮る前にアルコールペーパーで一拭きするだけでも、光沢が出るので大きく印象が変わります。
特に長年使っている物は汚れが付いているので。
もちろん背景にも気を遣ってホコリや髪などが映り込まないようにしましょう。
見上げる目線で撮って大きく見せたり、カメラのマクロ機能を使ってなるべく細かいところまで見えるようにします。

4.明るさを画像編集ソフトで補正し、シャープ処理を入れる
ここがミソですが、いくら現物が美しくても、写すカメラの性能によってどうしても左右されます。
しかし入札者が判断するのは写真からのポイントが大きい(写真のない出品はほぼ落札されません。されても高額にはなりません)ので、写真をアップする前に画像編集ソフトでちょっとだけ加工を入れておきます。
シミや汚れを隠すのは不正にあたりますので、あくまでも明るさやシャープのみの軽微な修正にとどめます。明るさは明るいほどいいので、画像編集ソフトで編集できる最大値まで明るくしましょう。
特にシャープ処理は、ピントがぶれている場合でも多少ごまかせるので、入札予定者に「綺麗な商品」と思わせることができます。
そして保存する時はオークションサイトの規定サイズギリギリで圧縮もなるべくしない状態で保存。
フォトアップなどの外部サービスを使ったり、ドロップボックスなどを持っている人は「詳しくはこちら」として共有リンクを書き込むのも良いと思います。
外部サイトを使って解像度の大きな写真を掲載すると、入札金額が2~3倍になることもありますのでオススメです。

5.テンプレートを使う
このページのように単なるテキストだけだと、固い印象を与えてしまい入札してくれません。(嘘くさい、偽物かな?と思う)
そこで、「オークション テンプレート」などと検索して出てくるテンプレートサイトに必要事項を入力すると、カラフルなページに様変わり。商品の印象も大きく変わります。一手間かけるだけで、本物だな、売る気があるな、ボットじゃないな、いい人そうだなと思わせることができます。
タイトルの最初と最後に◆◇などの記号をつけると目立ちます。本当にキズ一つないなら、「超美品」「極上超美品」と煽るのもアリかと。

6.初回金額、即決金額の設定
即決金額のないオークションは、理論上青天井となり、入札をためらう要因になります。
即決金額を設定しておけば、それ以上の競争になることは絶対にないので入札も安心してできます。
どこに設定するかは出品者の腕の見せ所。だいたい即決金額の8割程度で落ち着くことが多いので、それを目安に。
初回金額も1円にすると本当に1円で落とされて損することもあるので、いくら落札して欲しい、見て欲しいといっても自分の損をしない金額を入れておきましょう。初回の設定にあたっては、同じ状態の商品が過去に落札された相場を参考にしましょう。

7.有料オプションの設定
オークションサイトでは、目立たせるためのオプションが用意されている場合があります。
一日数十円から利用できるカテゴリ上位に並べる設定は、費用対効果が高く、多くのお客さんを呼び寄せる効果があります。
ということは、落札率アップにもつながります。
数万円の商品なら、落札までオプション料で100円ぐらいかかったとしても損にはならないですよね。
※太字や背景色は大して効果がないので金の無駄です。

8.発送方法について述べる
サイト側でも設定できますが、後からトラブルになりかねませんので「○○で発送します」と文中で述べておく方がお互い気持ちよく取引できます。落札者の中には、「ヤマトは嫌い」「佐川は嫌い」「郵政は嫌い」という人もいますので。ゆうパックの送料をつけて払ったのに定形外にされたとか、よく聞く話です。送料が初めから分かる場合は、「○○円です」といっておいた方がよいでしょう。
最近は送料でトラブルになることも多いので、送料無料にすると入札金額アップを狙えます。

9.文章は簡潔に
未練をたらたら書いても、しょうがありません。
「○○の○○です。○○年間使用しておりました。特に問題は無く正常動作です。○○宅配便で○○サイズで送ります。」という具合で、購入意欲をそがない文章にするのもポイントです。

最後に文中に「ノークレームノーリターン」の旨を入れて、完成です。
せいぜい他のサイトでは「写真を撮りましょう」程度のことしか書いていませんが、落札率アップ、より高額で、ということであればここまでしなければいけないということです。

電気代月300円? 一人暮らしに最適な冷蔵庫3製品まとめ

一人暮らしで冷蔵庫が必要という人は多いと思います。
私のように冷凍庫は空でも、何か飲み物ぐらいは冷やしたい、という人もいるはず。逆に飲み物は飲まないけどアイス等冷凍スペースは広い方がいいという人もいるでしょう。
しかし、知識もなく適当に安い物を買ってしまうと損してしまうことも。
長く使うものだからこそ、損しない買い物をしたいというのは誰もが思いますよね。

まず、冷蔵庫には大きく3種類あります。
「直冷式」・・・消費電力の点では優位だが、霜取りが必要
「ファン式」・・・消費電力はまあまあだが、霜取りが不要
「ペルチェ式」・・・霜取り不要だが、冷却能力では劣る。冷蔵と言うより保冷に近い。
※霜取り必要とは、放置しておくと冷却器の周りに氷の塊が出てくることを言います。定期的にこれを取り除かないと冷却性能が下がるのです

ということで、知識のない方は「ファン式」を選ぶのが安全安心と言えます。

ファン式の2ドアの製品でおすすめなのが、三菱の製品。電気代310kWh/年(月516円)

静かで電気代も抑えられており、国内メーカーにしてはデザインが優秀という点がうけています。
私はパナソニックの旧型モデルを持っていますが、この製品はパナの製品よりも1dB静かです。10dBで音の大きさは3倍になると言われていますので、1dBでもかなり大きいことが分かります。
正直デザインと静音の点に関してはうらやましいと思える製品です。
ただ、国産メーカーの冷蔵庫は冷えがしっかりしている分、夏はカタログ値以上に消費するので注意。月700円ぐらいになっているかもしれません。社の寮などで電気代が割引されるので気にならない、電気代無料の物件だという人にはオススメです。
「せっかくなら大きいものを買いましょう。断熱材の質が違います」などというサイトも多いですが、国産ファン式冷蔵庫は仕組みが同じ為、大きさが違ってもどの機種も大きく電気代は変わりません。

海外メーカーでもよく、ファン式で節電を重視したいんだという人にはこちらがオススメ。電気代232kWh/年(月386円)

消費電力は232kWh/年(月386円)と三菱の310kWh/年(月516円)より80近く低く、1kWhを20円として計算すると年間1,600円節約できる計算。
これはあくまでカタログ値の机上での計算ですから、実消費電力となるとかなりの差が出てくるように思います。(一般的に冷蔵庫はカタログ値以上に消費する世界です)
弱~強でのダイヤル式の温度調整も可能です。

ちなみに電気屋等に行くと「AQUA」というメーカーの製品を見かけるかもしれませんが、これは日本製ではなく中国製ですので注意してください。(中国製が悪いというわけではありませんが)

最後に、そんなたいそうな冷蔵庫は要らないんだ、という人向けにオススメなのがペルチェ式の冷蔵庫。
電気代150kWh/年(月250円)
ただ値段が安い分寿命も短いようで、2年程度で壊れるということも。どうせ2年程度しか住まないという人にはいいかもしれません。

木目調が目を引くデザインが人気を集めているこのモデル。ペルチェ式は一般的には氷点下になることがないので霜は発生しません。
2リットルペットボトルが7本しか入らないので、明らかに自炊しない、飲料保存専用といった感じではありますが、その分電気代もお得です。
定格消費電力83Wですが、これは最大消費電力のことで、ほとんどの場合はこれの3分の1程度で済みます。1日1回ぐらいしか開けない人ならもっと節約になるかと。
このモデルではないですがペルチェ式にワットチェッカーをつなげて調べた人いわく月300円程度で運用できるとのことで、年間150kWh程度となると、他の一般的な冷凍つき冷蔵庫の2分の1という計算になります。1kWhを20円として計算すると、年間3,000円近く節約でき、本体が5年もてば電気代の元を取れることになります。
ホテルにあるような冷蔵庫とほぼ同じですので部屋にも置けますし、部屋に置くとクーラーも効いていますので夏場の冷蔵庫電気代抑制も狙えます。

冷蔵庫というと電気屋にあるような大型ばかりを想像しますが、調べてみるといろいろと奥の深い世界です。