スタバ新作「ナッティフラペチーノ」銀粒が照らす冬に似合う逸品

スタバの新作フラペチーノ「ナッティホワイトチョコレートフラペチーノ」が11月22日より発売された。メニューにはホットの物しか記載されておらずWeb画面を見せるか口頭で言うか裏メニュー的な扱いとなる。こんな寒い日(こちらの外気温は5度)に頼む人は殆どいないと想定してメニューから外したのだろうが、冬でもアイスが売れるのと同様、マニアックな人は頼むに違いない。価格は税抜590円。太いストローが配布される。

クルミやナッツが入っているので歯が弱い人は要注意だが、全体的には甘すぎず苦すぎず飲みやすい味に仕上がっている。キャラメルフラペチーノを薄めたような感じで、どちらかというとバニラクリームフラペチーノに近い味だ。このフラペチーノの特徴は銀の粒がちりばめられているのが特徴で、クリスマスの飾り付けのようにも見えれば、雪のようにも見える。この銀の粒は食品用なので食べることができ、食べても問題は無い。ストローが食べられるフラペチーノが吸いづらいなどとネタにされているが、装飾がおとなしめなものがいいという人にはこちらがオススメだ。興味がある人は近くの店舗でぜひ試してもらいたい。

テレビが無いSAがあるのはなぜ?ネクスコに聞いてみた

高速道路のサービスエリアといえば地上波テレビが置いてあってNHKなどが映してあることが多いですが、一部のサービスエリアには設置されていないこともあります。なぜなのでしょうか。ネクスコ東日本に聞いてみました。

当社が管理する休憩施設におけるテレビの有無につきましては、原則、インフォメーションを備えた休憩施設には設置しております。
また、インフォメーションを備えていない施設につきましては、各テナントの判断に委ねております。

という回答でした。ネクスコ中日本のサービスエリアは飲食スペースにテレビ置いて音まで流して割と見てもらおうとしている施設が多い印象ですが、東日本は置いていない施設が多い、置いてあっても音なしで映像だけというケースも多いです。来た客を楽しませる、最新のニュースや情報を得るという意味でもサービスエリアには基本的に設置していただきたいところですね。

郵便届かない…サービス低下の訳を日本郵政に聞いてみた

既にマスコミ等でニュースになっているが、日本郵政は働き方改革の為普通郵便の配達を土日のみにするという。役所など信書を多く取り扱う場所では、多大な影響が出てくるに違いない。ヤマトなどの他社では信書の取り扱いが原則できないので他に乗り換えろと言われても難しいのが現状だ。一般消費者においても、書留などでクレジットカードなどが届いた場合に都合の良い日時に受け取りづらいという問題が出てくるだろう。概ね普通郵便は+1日、木曜と金曜に差し出した物は全て月曜配達になるという情報もある。
小泉元総理が実施した郵政民営化によって黒字か赤字かをよりシビアに判断するようになり、赤字でしかない郵便サービスの低下が著しくなり郵政民営化反対だとする庶民も増えてきているが、今更反対を唱えた所で元に戻る事はないだろう。60円や80円で全国どこでも数日で届きますよ、というのは誰がどう考えても赤字でしかない。仕分けの人件費やドライバーの人件費や燃料費を考慮していない計算である。
そんなこんなで賛否両論が渦巻いているが、同一市内郵便より県外郵便のほうが早く届くという逆転現象も発生しているという。どういう事なのか、サービス低下の訳を日本郵政に聞いてみたので参考にしてもらいたい。

お申し出につきまして、誠に恐縮ながら、ご教示いただいた情報では、お届けにかかる日数について確認がいたしかねておりますが、弊社ホームページの下記URLにて、お届け日数の目安について、検索が可能でございます。

【お届け日数を調べる】
https://www.post.japanpost.jp/send/deli_days/index.html

しかしながら、上記の検索結果はあくまで目安となりますため、交通事情・差出状況などの諸事由により、変動する場合があり、また、種別、あるいは内容品によっては陸送になる等もございますことから、どこから差出するほうが早く届くか、といったことは、一概には回答がいたしかねております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、郵便物等の遅延について調査をご希望の場合は、調査制度がございますので、その際は、お手数とは存じますが、最寄の郵便局窓口にて「遅延調査請求」をお手続きいただきますようお願い申し上げます。

「遅延調査請求」は集配を行う郵便局であれば、お電話でも承っておりますほか、弊社ホームページの下記URLからもお申し込みいただけます。

【郵便物等が届かないなどの調査のお申出】
https://yubin-chousa.jpi.post.japanpost.jp/omoushide/top.do

明確な回答とならず、大変申し訳なく存じますが、上記案内につきまして、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

という事であった。年賀状の自爆買い問題やノルマ、かんぽ問題など公営時代の爆弾を多く抱えた郵政グループであるが、民営化した以上は膿を出し切り、かつ安価で高品質なサービスを届けられるように努力してもらいたい。