アパホテル、都心の一等地1泊2,500円破格提供 赤字必至の大幅値引

アパホテルが「コロナに負けるなキャンペーン」と称して5月10日から6月末まで、全ホテルをシングル一泊2,500円に値下げして提供している。公式サイトから予約する事が条件。一部ホテルでは対象外になる場合もあるほか、3,500円になっているホテルもあるが、ほとんど全ホテルが2,500円の対象だ。もちろん都心の一等地のホテルも対象だ。例えばテレワーク等で30日滞在した場合、30日いても月75,000円で済み、都心では下手すれば家にいるよりもホテルにいたほうが安上がりになる計算となる。自分の部屋と比べて綺麗にしてくれてゴミも片づけてくれて清掃もしてくれて、綺麗なシーツも出してくれるのだからホテル暮らしも悪くないかもしれない。虎ノ門の記事を書くために前泊したのだが、アパホテル<新橋 御成門>を利用した。コロナ前だと7,000円以上するホテルであるが、もちろん2,500円であった。

値段が安いからと言ってクオリティの低い部屋が提供されるわけではない。都心なので少し狭めではあるが、「これで2,500円でいいのか」と思うぐらいである。

机やベッドもアパそのものであり、5~6時間寝たいだけでよかったのだが随分と贅沢な環境を提供してくれてビックリである。

風呂も狭めではあるが、都心の一等地である事を考えれば十分だろう。空調はこの部屋は個別空調となっていた。業務用のエアコンが入っており強力なので温度設定には注意。シングルのみという条件であるが、一泊2,500円という価格は大手チェーンだからこそ成せる業である。かなり思い切ったキャンペーンであり、利益がないどころか原価割れ、赤字としか思えないのであるが、売上がないよりはというところなのだろう。テレワーク等で利用する人、他社のテレワークプランは時間制限があって過ごしづらいと思う人、もしかしたら泊りになるかもしれない人、あるいは単純に応援したい人など、アパホテルを利用してみるのもよいかもしれない。

日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」6月6日開業 56年ぶり新駅 都心の新たな拠点誕生

東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」が6月6日に開業した。従来から虎ノ門駅はあったが、虎ノ門ヒルズから離れており、利便性向上を求める声が多かった。計画から5年の月日を経て56年ぶりに新駅が誕生する。なお、現在は暫定開業という形であり、今後も工事が続けられる予定だ。
 
成長著しい虎ノ門ヒルズの一角に、その新駅はできた。そういえばありそうでなかったという新駅である。時刻は朝5時。周辺では工事が続けられているが、駅自体はすでにできている。マスコミはここにカメラを構えて「新駅誕生」と撮影していたようである。

真っ白のピカピカな駅舎があった。地上からすぐにホームというわけではなく、多少地下に降りる必要がある。

こちらが虎ノ門ヒルズ駅のホームである。メトロには入場券という概念がないので、一番安い適当な乗車券を買って中に入るか、駅員にトイレ目的だと告げれば無料で入場させてくれることもあるかもしれない。

ホームには多くの鉄道ファンが詰めかけていた。電車に乗る客よりもギャラリーの方が多いのではないかというぐらいである。

時刻標も液晶の最新式を採用しており見やすい。今この日にこの時間帯で、都内で一番にぎわったスポットというのは間違いない。

ホームドアも完備。ホームはまだ完全に完成している訳ではなく、天井や壁など利用に支障のない範囲での裏方の工事が今後も行われる予定だ。

ホームは2つあるが、それぞれの行き来はできないので注意。虎ノ門ヒルズタワー方面改札を抜けると、そのまま直結で虎ノ門ヒルズに行くことができる。雨に濡れずに行ける利点は極めて大きい。ビジネスマンの味方になる事は間違いない。

このような感じで、綺麗な地下通路が整備されている。


真っ白な地下通路から直結で直接行く事ができる虎の門ビジネスタワー。

こちらは虎ノ門駅。虎ノ門駅と虎ノ門ヒルズ駅は乗換駅扱いとなっており、1時間以内なら乗換として扱われる。

メトロでは乗車券を買わないと原則改札内に入る事はできないが、無理に電車に乗る必要はない。係員に言えば電車に乗らずに改札から出してくれる。しかしその分の料金は放棄する事にはなり、券面は無効になる。係員が気前のいい人で「駅名見えるようにして判子押しましょうか?」と言ってくれた。さすが鉄道ファンに優しい会社なのかもしれない。虎ノ門ヒルズと言えば主にビジネスマンの場所であるが、新駅開業で大きな利便性向上や付加価値向上、周辺の更なる開発に期待したい。

「都庁が真っ赤」東京アラート発令、写真に収める人多数

小池都知事が6月2日に東京アラートを発令し、その象徴としてレインボーブリッジや東京都庁が赤く染まった。実際に東京都庁に行ってみた。午後9時ぐらいであったが、暴走族のような人たちもいたが、一般の人たちが「すごいねー」と言って写真に収める人の姿が多数見られた。

このように第一本庁舎が赤く染まっているのは衝撃的だ。

色々な角度から撮ってみたのがこちらの写真。プロが使うような広角レンズでないと、この至近距離で都庁をおさめる事は不可能であるが、当方は広角での撮影環境があったため何とか助かったというところである。アラートが分かりづらいとか東京警報というべき等という意見も出ているが、都庁のライトアップをこのように赤くする事で少しでも危機意識を持つ都民が少しでも増えればという願いが込められているのは間違いない。特に敷地内に入らなくても路上から撮影する事ができるので、興味のある人は都庁を見に行くのもよいかもしれない。