ハイブリッド車はまだ100年早い

車は動けば良い、支払額をなるべく抑えたい私にとっては、ハイブリッドは100年早いと思っています。

ガソリン車とハイブリッド車の差額が40万円程度あるわけで、カタログ燃費では10km/ℓ程度の燃費の差があって7万km走るとおよそ元が取れるようですが、
実燃費では5km/ℓ程度しか差が無く、そうなると1年9,000km走ったとしても5年間で12万円程度しか差が無いことになります。(単価150円で計算)
また、ハイブリッドといっても完全なモーター走行ではなく、エンジンがかかったり止まったりするわけで、エンジンがかかる時の音や揺れが微妙に感じられ、どのタイミングでそうなるのかはドライバーからは予測不能です。
ハイブリッド天下のトヨタでも、ハイブリッドからガソリンに切り替わる時のぎくしゃく感はゼロではありません。Gがかかるのは普段ガソリン車を乗っている人間からすると不快です。
レンタカーでハイブリッドを借りてみれば分かりますが、燃費30なんて無理で、平均して25程度、アクセルベタ踏みだともっと悪く軽自動車とほぼ変わらない、ということになります。
特にトヨタのハイブリッド(アクア等)は燃費重視仕様のためにエアコンが控えめになっており、夏は暑い思いをすることでしょう。
年寄りにハイブリッドが多いのは年寄りは慎重な運転しかしないからであり、飛ばせる時に飛ばしたい人はハイブリッドはまず向きません。

ガソリン車との装備の差も挙げられますが、それを40万円で埋めるのはかなり無理があります。
静かだ、というのはあるかもしれませんが、社外品の部品を使えば5万円程度で済みます。

また静かすぎて歩行者との事故の不安、事故に遭った時の感電の可能性、構造が複雑で一般業者が直せない部分がある等、デメリットもあります。

もし40万円出すならば、20万円をナビに使ってあまりの20万円で月々の支払いを下げた方がよっぽど幸せになれます。

「燃費が良い」「静か」といううたい文句に惑わされることなく、完全なモーター走行の時代が到来するまで、ハイブリッドはお預けがよいでしょう。

自動車雑誌に載らない!車値引きマル秘テクニック7個

実際に筆者が体験した、「次車買うならここを値引きしろ!」と絶対言いたくなる項目をまとめました。
すべて実践すると、13万円ケチれる内容です。
どのメーカーでも基本的に通用する内容なので、頭にたたき込んでおいてください。
※車は命を乗せる物なので、「車両本体とディーラーオプションは個々で商談」など、限度を超えた過度な値引きは罰が当たります。ほどほどにしましょう。

1 ナビのランクを落とす(3~10万)
ほとんどの人が買うであろう、ディーラーナビ。
なぜならディーラーナビを買うと「値引きを頑張ります」なんて、営業マンが言うからだ。まぁ、店の儲けになるから少し還元しますわ程度の物ですけど。
ディーラーナビは走行中は使えません。テレビ等の映像も見れません。
営業マンは「せっかくならいいナビを!」「地デジ見れますよ!」「CD録音できますよ!」と言いますが、そんなの使いません。3日で飽きます。
音楽が聴ければ良いなら一番下のナビで十分です。20万のナビから10万のナビにすれば、10万浮きます。
もちろん、社外の方がディーラーナビの半値程度で変えるので、ローンに入れなくても良いなら後日という手もアリです。
社外を買うことができるディーラーもあります。

2 マット、バイザーは外す(5万)
マットは社外品で十分です。将来の査定にもほとんど影響しませんし、走りにも影響しません。
バイザーは、タバコを吸う人はあると便利ですが、吸わない人はカットでいいです。もし「入れてくれないと店長の決裁が下りないんです」なんて言われたらつきあいと思って払っておいて、後で外すよう指示するのも手です。

3 ディーラーで下取りするとしても買い取り店に査定させる
仮にディーラーで下取りすることが既に決まっていても、一店舗でも良いので買い取り店に持ち込み、査定をお願いしましょう。
このとき、一括査定サイトを使うと、電話がかかりまくるので、かならず実店舗に訪問すること。
15分査定や30分査定といっていますが、それは査定の時間そのものの話で、営業マンが多忙だったりすることもありますから1時間は余裕を持っておきましょう。
金額だけ聞いて、その金額を頭に入れておけばディーラーで金額が出た時、商談の終盤で「○○店では○○円でしたよ」と言うことができます。揃えてくれるかは別の話ですけど。

4 一店舗でも良いのでよその系列で見積もりを
同じメーカーでも、実は営業主体が異なります。メーカーによって違うので詳しくはググってください。
どこで買うかが既に決まっていたとしても、どの店でも快く査定や見積もりは出してくれます。「見積もりは何枚でも出しますよ」が販売店の常識。
値引き(▲)の書かれた見積もりでなければ、ほとんどのものは持ち帰ることができます。
まぁ私は値引きの書かれた見積もりを他店に持っていったらすごい慌ただしいことになって店長が飛んできましたけどね。

5 安心パック等の保証は切る(5万)
ディーラーのオイル点検や車検までがセットになった安心パックなるものがありますが、あれは意味が無いです。
ディーラーに強制的に電話等で呼び出され、日時をセットするように言われます。
そして行ったらどうでもいい部品がオススメとか、費用請求なんてことも。
日本車は1年間オイル交換しなくても走ると言われています。ケチりたい人はここもカット。言わないとカットされません。
点検や整備もオートバックスなどの専門店の方が安いです。
その営業の人と初めての場合は、客との接点を増やす目的(客から搾取する目的)で言ってもカットできない場合もあります。2台目以降の場合は何も言われませんが。

6 車のグレードを下げる
車のグレードを下げても、値引き幅は大きく変わりません。
200万のグレードに20万と、180万のグレードに20万なら、後者の方が支払いが楽なのは言うまでもありませんね。
どうしてもそのグレード、という理由がなければ、グレードを落としてメーカーオプションで代替できないか検討しましょう。その方がなぜか安いこともあります。

7 中古車も活用する
どうしても新車でなければならない理由がないならば、中古車も検討してみてください。
走行距離1万km未満の車、デモカー、展示車がオススメです。なぜなら、大きな事故なく単に乗り換えたいだけで売った可能性が高いからです。

番外編 営業トークに騙されるな!
以下の内容は、半分正しいけど半分ウソの営業トークです。気をつけましょう。
・どこでも査定額は一緒です - 何を重視するかが会社の方針で違うので、当然金額も会社によって違う。
・他の所の話聞いても疲れるだけですよ。なるべく一社で決めてください - セカンドオピニオンは大事。
・今売ってくれると目標金額まで出します - 明日行っても同じ事言われる。
・板金跡がありますね - 骨格部分に影響がなく外見綺麗に直していれば減額要素にはならない。それで減らすならそこまでの関係ということ。
・距離走られてるので厳しいです - 距離も減点対象ではあるが、全体の1割程度。
・ナビつけてくれたら値引き頑張ります - 3万円しか変わらなかった
・今買ってくれれば通常20万円のボディーコーティングを無料でつけます - 専門店だと5万円ぐらいでできる内容。
・値引きはできません - といって追求すると、▲欄が現れる
・ナビを無くすと査定が下がる、○万km乗ると査定が下がる、今が売り時です、車検取ると査定が下がる
・1週間後には下取り額が変わります - 大して変わらない。

番外編 しっかり栄養補給を!
ディーラー等の自動車販売会社では、客との対話に時間をかけます。
新車契約となると、下取り査定・見積もり・見積もりの調整、等で初回4時間ぐらいディーラーに缶詰されることも。
2回目、3回目もローンの審査やうんぬんで4時間ぐらい缶詰されます。
その間、飲み物は与えられても食事は一切与えられません。トイレには行けますが、所詮その程度です。
また相手は値引きのロジックをあの手この手で交わしてきます。
「上と話をつけてきます」で待たされること一時間。どうせ裏でサボってたんでしょ。
時間をかければ相手も諦めるだろう、体力消耗すれば判子押すだろう、という作戦なのです。なので営業が一回引っ込んだら30分ぐらい戻ってこないのです。裏では談笑してるくせに。
というわけで、食事をしっかり取ること、チョコレート等の頭が回るものを携帯しておくことは必須と言えます。

番外編 残クレは最後まで乗ると損!
毎月の支払いが安い残クレですが、落とし穴があるとよく言われますが、途中で買い換えれば回避できます。
まず、最終回支払いまで到達するといくつかの選択肢の中から選べるわけですが、どれを選んでも距離を超えたり規定のキズがあったりすると、違約金(?)なるものが発生します。これがしゃれにならない額でうん十万請求されることも。
そして残りの金額を再ローンするとなると、ディーラーの金利はそのときの金利になりますので前より下がっていればラッキーですが、前より上がっていると損です。無職になっていたら再ローンは通りません。現金一括か売りに出すかどちらかです。ちなみにこの再ローンの時が問題で、最初に金利込みで払っているのにさらに再ローンで再ローンの金利を足した金額を払わされるので二重に金利を払うことになるから損だ、という論理です。
残クレを選ぶこと自体は良い(むしろオススメ)と思いますが、絶対に満期前で売り逃げてください。残クレ契約でも途中で売れます。
だって、残クレとか関係無く残債払い終えたら所有権は自由ですからね。
金利はファイナンス会社と販売店で分け分けしているのでは?と考えてしまいます。
距離を乗らずに大事に綺麗に使う自信がある人は残クレ、そうじゃない人は普通のクレジットにしましょう。

ちなみにローンを通す時は、他社メーカーに乗り換えるとファイナンス会社も変わりますが、医者や公務員等よっぽどいい条件でない限りは、
「頭金を入れるか保証人を用意しろ」と言われます。
要は転売目的でないか、返済能力があるかを確かめているのです。
同じメーカーの車の場合は、同じファイナンス会社で実績が既にあるので、そういうことは言われませんし、上乗せローンも柔軟に対応できます。
買い換える時に下取り(買取り)よりも残債の方が多くて、しかも頭金も精一杯用意してもまだ足りないという時は、新車のローンに前の車の残債を上乗せできます(これも限度があって30ぐらいまでなら良いと思いますが100は無理です-上乗せ分のオプションを適当にぶちこむことでローン通過)。前の車を完済できてないのになぜ?と思うかもしれませんが、審査が通過した時点でローン会社から販売店に一括で新車の代金が振り込まれるためです。当然上乗せされているので販売店はそのお金を使って所有権を解除するのです。
ディーラーの営業マンが売ることにしか興味が無いのはそういう仕組みだからです。

2020年のコンビニ

既に飽和状態に達していて、ほぼ全店舗が全時間帯人手不足。
常に店に張り紙を出している店がほとんどとなっている。

従業員募集 朝勤昼勤夕勤夜勤

全部じゃないか!!と突っ込みたくなる。

本部も気づいていないはずはなく、例えばセブンはチャージ1%減を打ち出すなど、
「金をやるから何とかしろ」ということだが、金だけでは解決しない。
本部としては、24時間廃止はしたくないんでしょう。だったらサービス減らしましょ。

客は今までサービスを増やせ、便利にしろ、本部も同じ事をいって共存共栄で売上を上げましょうといってきたが、もう無理。
これからは物を増やす時代ではなく、減らす時代。消費者もネットの普及で割に合わないサービスは感づいてきている。
2020年のコンビニはどうなっているか。どうするべきか。予想してみた。

1.レジカウンター
中華まん、ドーナツ、おでん、焼き鳥、常温什器などスペースに対する売上を比較して、手間のかかる什器は廃止。
※什器は毎日清掃している。店員に非常に重い負担
※特におでん、中華まんは一部店舗除けば冬でも赤字!!
人手不足に対応するため、セルフレジ・セルフレンジとする。袋詰めも客にやらせる。
クレーム防止のため、入店時に「当店はセルフレジとなっています」というような音声案内、店内での案内を実施。
異常発生時の店員対応が必要なため、最低1人は全時間配置。
レジを開けろといってもセルフレジは取り出しようがないため、強盗リスクが減る。防犯カメラを常に監視し万引きがあった場合は即通報。
発注、検品、品出しに非常に手間がかかる上に利益のないタバコは、売れ筋50種類に減らす。アイコスなどの次世代たばこを中心に売り込む。
地域や店によって異なっていたタバコの品揃えや配置を、全国統一にする。
セルフレンジは、安全のため家庭用を使用。
フライヤー商品、挽き立てコーヒーは継続。フライヤーは自分で取って店員が目視で確認、挽き立てコーヒーは客が商品登録すると店員がカップを渡す。

2.窓側
雑誌は日に焼けるため、また売上も落ちているため、従来のような呼び込み効果はないため、通常の棚へ移動。品出しや返本・立ち読み客への対応も手間なので、将来的な廃止を検討する。
代わりにイートインスペースとする。横にトイレを設置。将来的に改札を設ける場合も理想的な配置。

3.米飯、チルド、冷凍食品
棚の面積比を1:1:1とする。冷凍食品やアイスの需要が高まっているため、それに対応。
アイス什器に納まりきらない商品は、冷凍食品什器に押し込む。

4.新規商材スペース
現在の店舗は拡張性がないため、新たにスペースを確保する。
TSUTAYAと連携し、売れ筋のCD/DVD等を配置。需要の高まっているスマホ用品をさらに拡充。
宅急便のセルフ受け取りロッカーを設置。

5.コピー機、サービス什器
コピー機はA4までの対応とし、小型化。
ATMは小銭スペースを無くし、小型化。マシンのスペックや回線速度を上げて、高速化。数秒で引き出せるように
チケット発券什器はコピー機と一体化し、レジに行かなくても発券できるように。
チケット発券・コピー機もスペースの割に利益を生み出さないので、将来的な廃止を検討。

6.店内ゴミ箱
廃止。
お店はお店であって、ゴミステーションではないので。地域の客のゴミ処理費用まで負担する余裕はないので。
外の灰皿もイメージによくないので撤去。

7.販促物
店員の手間のかからないなるべく簡易なもので。以前あるチェーンでは100種類値引きなんていうのもあったがそんなのは論外。

品出しは引き続き店員が行う必要があるが、1人体制の場合はとてつもない量になるのは目に見えているので、深夜に集中的に処理することとし、その間は2時間までの範囲で臨時閉店が可能となるよう契約を改正。繁盛店舗の場合はドライバーも一部品出しを手伝う。
SV業務はデジタルでやりとりすることとし、代わりにあいた労働力を店舗への応援に。品出し等を手伝う。

セブンは新レイアウトで強盗リスクを減らすためウォークイン側にレジカウンターを配置すると発表したが、その際は調理室とトイレが隣接しないよう注意しなければならない。
3Kと呼ばれるコンビニ。誰も働かなくなるのは目に見えている。チャージを下げるとかいう話ではなく、本部の早急な業務改革に期待したい。