コンビニ店員が公共料金12万着服 客帰った後”取消” 代行収納は辞めるべき

石川県のファミリーマートでコンビニ店員が公共料金を12万円着服したという報道があった。全額弁済したとしている。
手口としてはレジの取消機能を利用したとしているが、基本的にどのチェーンも代行収納の不正対策はきっちりやっているのが現状だ。ネット上でも「いずればれるのに」「最近の子か?」という意見が大半を占めている。
1.代行収納スキャン
2.客側に内訳が表示されてOKを押さないと進めない
3.客控えとレシートを受け取る
4.各シフトごとにレジ点検実施
5.毎日の精算時も枚数と金額を確認
6.不正があればカメラで確認
客層キーを押した後の取消は既にできないようになっている。(厳密には全く不可能ではないが店長決裁、SV決裁が必要)しかし客層キーを押す前であれば取消は可能だ。「お金ないのでやっぱり辞めます」などという客がいる為だ。ファミリーマートは今回この取消機能についても見直しを迫られるのは必須だろう。登録画面に「全ての取引は本部に送信します」と表記、代行収納登録時に「レシートをお受け取り下さい」とレジにしゃべらせるなど抑止力も含めた対策が必要だが、いくらハード面やソフト面を見直しても最後は店員の良心次第なのはいうまでもない。

そもそも東大阪の24時間騒動から始まり経産省もコンビニ検討会を設けて世論を中心にコンビニの過剰すぎる商品やサービスを廃止していこうという動きが広まっている昨今、代行収納も例外ではない。サービス業務が多種多様にわたる現在、利益が殆ど無く人件費換算で大赤字、誤差リスクや強盗リスクも高い代行収納をコンビニで扱うべきなのかという議論もある。銀行員ではない学生や若者が何十万も目にすればそういう心が働くのも理解できなくはない。代行収納はアプリ専用とする、ATMを使って客自身がセルフでやる、あるいはコンビニでの代行収納業務は一切廃止するなども含めて現在の衝撃的な人手不足の現状を鑑みると代行収納客をレジに来させないオペレーションが重要になっていくだろう。

家電マニアが伝授 増税前に買うべき家電3選

10月1日に消費増税が行われる。(中止の可能性もあるが今の所何の発表もなく世の中は増税前提で動いているからたぶんやるのだろう)
食品や新聞は軽減税率として8%で据え置かれるが、それ以外の全ては10%となる。食品の分類で細かい例外はあるが家電は全て10%になるのは確実だ。今回は高額家電を中心に増税前に買うとお得な家電を3つ紹介する。

1.4Kテレビ
4Kテレビは従来のHDテレビよりもきめ細かい映像を表現できるテレビで、もっと細かい話をすると水平方向と垂直方向の画素数がそれぞれHDの2倍になっている。現在地上波での放送は予定されていないが、将来的にBSやCSの帯域を使っての放送が予定されている。価格も5年前の約半値、従来のHDテレビに近づいてきた水準で、かなり買いやすくなっている。個人的には海外製よりもパナソニックや東芝のテレビをお勧めする。普通のリビングに置くのであれば43型程度で十分だ。10年使っているならば節電効果も高いので買い替えを検討すべきであろう。

2.冷蔵庫
冷蔵庫といえば壊れなければ買い換えなければいいという話があるかもしれないが、10年程度を目安に買い替えを検討した方が良い製品ではある。もし今の冷蔵庫が10年経過しているならば増税前に買い換えた方がお得かもしれない。冷蔵庫は冷却能力を求めるならモーターの日立、総合的な性能を求めるならパナ、プラズマクラスターならシャープ、デザインを求めるなら東芝といったあたりだろう。

3.洗濯機
洗濯機も白物家電と呼ばれ毎年代わり映えしないと良く批判の対象になっているが、こちらも10年程度使っているかを一つの目安として買い替えを検討すると良いだろう。最近はデザインに力を入れたモデルや、デジタル表示で視覚的に理解できるモデル、時短を狙って洗剤の自動投入、節水意識の高まりで従来と同じレベルで汚れを落としつつ節水にスポットを当てたモデルが増えている。

5%→8%の増税の時のように大きな騒動にはなっていないようだが、10万の家電であれば2,000円違ってくるのは大きい。最近買い換えたばかりだ、壊れていないというのであれば無理に買い換える必要は無いが、壊れかけであれば増税前のタイミングで買うのがベストかもしれない。

甘党も大絶賛?! ローソン激甘スイーツ4種食べてみた

寒くなると甘さが欲しくなるもの。コンビニ各社スイーツを強化しているが、ファミマの次はローソンのスイーツを食べてみた。SNSで話題になっているような新発売のスイーツもあるようだが、店に行ったところ定番品しかなかったのでとりあえず定番品を買ってみた。

今回買ったのはこちらの4種類。左上からカスタードのサクッとシュー(税込150円) 大きなツインシュー(税込113円) ドルチェプリン(税込248円) プレミアムロールケーキ(税込150円)である。
(右写真)プレミアムロールケーキ(税込150円)から食べてみた。大手のセブンにもある商品だが、セブンよりは若干大きいというかクオリティが高いような印象を受ける。上品なクリームを使っていて胃もたれしないのも特徴だ。生地はかなり柔らかく、そしてクリームは「確かにこうだよね」という感じのまさに模範解答というべき甘さになっている。リピートして買いたくなる一品だ。


左写真はカスタードのサクッとシュー(税込150円)だ。生地がかなり分厚くサクサクしていてとても満足感を得られる一品。カスタードもべたべたに甘いという訳ではなくて上品な甘さになっている。カスタードがこれでもかというぐらい詰め込まれているので溢れないように注意。

右写真は大きなツインシュー(税込113円)だ。なぜか安い方のシュークリームの方が見栄えがいいという逆転現象になっている。ただしこちらは生地はかなり薄いので値段なりだよねという結論だ。こちらもクリームは上品な物を使っているので安い割には生地以外には安さを感じさせない商品だ。つまり最初はあれっと思うが食べ始めると生地の薄さを感じなくなるという仕掛けだ。


こちらはドルチェプリン(税込248円)。スイーツよりは完全にプリンである。店員さんがスイーツ専用のスプーンを入れてくれるのでこれを使って食べる。確かに商品に最適化されたスプーンだ。ぱっと見豆腐のように見えるが、食べてみると本当にプリンであった。上下のソースがかなり濃厚でプリン感を出している。ただ見た目以上にボリュームがあって胃に負担がかかるので女性は二人で分けるなどした方がちょうどいいかもしれない。

コンビニスイーツといえば最後に食べたのが5年前とかそういうレベルの話になるが、毎年コンビニスイーツも進化を遂げて専門店と遜色ないレベルになってきているようだ。そしてローソンはどのスイーツも「ものすごく甘い」というよりは「ふんわり甘い」といったような控えめな甘さを表現しているのも特徴だ。控えめのスイーツが欲しい人はローソンで買ってみるのも良いかもしれない。