レジの違算を減らす10の方法

日々営業していると、レジ違算が出ることがあります。
0の日はほとんどないといっていいほど、ずれます。まぁ人間がレジやってる以上、仕方ないんですけどね。
原因と対策についてまとめました。

1.預かり金入力ミス
例えば1,000円を10,000円と打ってしまい客に多く返してしまって誤差が出るケースです。その逆もあり得ます。
または預かり金の桁を打ち間違えてアタフタして適当な金額を返してしまうケースです。
これは従業員が悪いですが、従業員に払わせるのは最近は炎上要因となる為、初回は事業者全額負担、二回目以降は半分負担してもらうかなど平等な対応を従業員と相談してください。
対策:「○○円お預かりします」という時にその金に目線を向けるくせをつけるよう指導しましょう。預かり金を打つ前にきちんと一息落ち着いて現金を確認し落ち着いてから打つように指導しましょう。疲れたら休むように指導しましょう。シフトがキツくないか従業員に聞きましょう。客の預かり金は面倒でも取引が終わるまではしまわず、取引が終わったら一回ごとにケースにしまいましょう。次の客の預かり金と誤解するケースが多発しています。打ち間違えたら電卓の使用を指導しましょう。

2.お釣り返しミス
たとえばピン札が重なってしまって返してしまったなど、お釣りの返しミスも当然発生します。
客が気づく事は1%ぐらいしかないでしょう。
対策:お釣りを示した店員側レジ画面を指さし、「○○円のお返しです」とお釣り金額を読み上げながら現金を取るように指導しましょう。札から先にお返ししますが、札については取り出す時と取り出してからの二回数えることを徹底するよう指導しましょう。不安な時は手を濡らす綿を積極的に使用するよう指導しましょう。100円の場所に500円が入っていたりするとミス要因となるので見つけたら元の場所に戻すよう指導しましょう。

3.両替ミス
レジ以外にも金庫がある場合、そこの金庫との両替ミスでずれることがあります。
両替ミスとは500円=10円×50枚ですが、これのやりとりを間違えることです。
両替ミスなので店舗の損ではないですが、事務負担が増えます。
対策:暗算できない場合は遠慮せず電卓を使いましょう。

4.金庫集金ミス
レジの中に万札を多く抱えるのはリスクであるため、別金庫に集金している店舗が多いと思いますが、ここに投入する時にレジ操作の金額を打ち間違えて誤差が出るケースです。
対策:現金を金庫に投入する前に現金は二度確認を徹底、不安な場合は三回でも四回でも。間違えていた場合はレジ操作をして修正するよう指導しましょう。

5.商品二度打ち
何らかの理由で商品を打ち直す必要がある時に、取り消し処理を忘れてその分は現金を預かっていないので誤差となるケースです。
素早く精算者が取り消し処理をしないと売り上げたままとなってしまうので在庫が狂う要因となり非常に危険です。
対策:二度打ちした場合はレシートをレジ画面に貼り付けるなど、忘れないように対策することを指導しましょう。また従業員のミスを叱責しない風土作りに努めましょう。

6.割引券等の処理ミス
150円の商品に100円割引券を使ったはいいが客から50円もらうのを忘れたなどといったミスです。
「そんなバカなことしないでしょ」と思うかもしれませんが、週6勤務で大量の客を捌いているとそういう基本的なミスが出てくるものです。
対策:落ち着いてよく券面を確認する、目のピントが合わない場合は休憩を取るなど指導しましょう。

7.盗難
当然従業員による現金盗難リスクもあり得ます。
従業員も安い時給で働いていますから、辞めるリスクを冒してでも多額の現金が得られるのはメリットです。
犯罪をするかしないかを面接段階で見極めるのは非常に難しく、店長がいない時間にそういうことをする人間もいます。
対策:いくら可愛い子でも、イケメンでも、例外なく発覚した時点で即退職してもらいましょう。
ただ状況判断で新人がよくやる「間違ってゴミ箱に捨ててしまった」というような場合は初回はビデオ確認の上、注意だけで済ませましょう。

8.客に騙される
「まだもらってない」「○○円渡したんだけど」「○○円返して」などと現金の受け渡しが終わった後に述べてくる客がたまにいます。
新人店員だと戸惑って渡してしまいがちですが、これが罠です。
対策:レシート渡しを徹底するよう指導しましょう。レシートと現金をセットで渡すことでその客のレシートがこちらに無い場合はすべて渡したことになります。金額について揉めるようであれば店長を呼ぶなり、警察に通報しましょう。

9.経費の入力忘れ
新聞業者や外部取引業者に金を渡したにもかかわらず出金処理を忘れていた、給与を取り出したにもかかわらず出金処理を忘れていたという単純なミスです。業者のふりをする詐欺者もいますので必ず怪しい格好をしていないか、会社のロゴがあるか、顔はいつもの人かどうかなど確認しましょう。
対策:業者の請求書のたぐいを見たら必ず出金処理のくせをつけるよう指導しましょう。

10.近くに落ちている
紙幣はレジ本体やケースの下に落ちていたり、硬貨は床のどこかに転がっているケースはよくあります。
ないないと騒ぐ前に近くを探してみましょう。
対策:重力には逆らえないので無し。基本動作をしっかりやる、一回の会計ごとにきちんとケースに収納したことを確認するよう指導しましょう。

結論
人間がやる以上、誤差は防げません。ゼロが望ましいですが、ゼロにすることはロボットが接客しない限り不可能です。なのである程度の誤差(500円以内など)は寛容するようにルールを定めましょう。自動釣り銭機を導入できるならば導入しましょう。
「落ち着いて行動」「基本動作の徹底」「見直し」がレジ違算を減らす秘訣です。

かんたん!てぶら!投票に行ってきた 13の質問

実際に投票に行ってきました。13の質問に答えたいと思います。
実際に行ってみると思っているより簡単で、あっけなく終わってしまいます。

1.手ぶらでも良いんですか?
用紙がなくても本人確認書類、それがなくても氏名や生年月日がわかれば投票できます。
用紙の詳細が分からなくても、封筒ごとスタッフに手渡せば処理してくれます。
流れとしては最初に受付でスタッフがPCを使って投票資格があるかを確認した後、投票用紙を受け取り、専用のブースで書き込み、投票箱に入れるだけです。小学生でもできますが、なぜか選挙権は18歳以上となっています。

2.投票にかかる時間は?
並んでいる人の数は地域によりますが、投票自体は書いて箱にいれるだけなので1分です。

3.それぞれの候補者の政策がわかりません。
投票所には名前しかありませんので、あらかじめ新聞やネット等で誰に投票するか決めておく必要があります。

4.私服で良いですか?
私服でも制服でも、服装は自由です。土足で入れます。

5.荷物チェックはありますか?
ないですが、さすがに会場内でスマホを開く人はいないですね。少し薄暗く、厳粛な空気が流れています。
バッグ等の持ち込みも自由です。

6.紙や鉛筆は用意されていますか?
とても書きやすい紙と鉛筆が用意されています。

7.隣の人との仕切りはありますか?
あります。

8.期日前投票とはなんですか?
投票日に用事があっていけない人のために、期日前に投票できる制度です。
理由はいくつか選択肢がありますが、仕事の都合に○をつけておけば大体通ります。
投票日当日だと知り合いや近所の人に会いたくないって人が期日前投票をするケースが多いですね。

9.疑問点があればどうすれば良いですか?
近くに待機している役人?スタッフ?がいるので聞いてみてください。

10.苗字や政党の一部だけでも通りますか?
実際にその票が通るかどうかはわかりませんが、部分一致で他の候補者と重複がなければ1票、重複していれば0.5票などと言った感じでそれぞれに分配されます。ひらがなでも判別できればOKです。

11.どこに入れても一緒では?
確かに一緒かもしれませんが、1票で変わるかもしれません。変わらないかもしれません。
どうせ入れても変わらないという人は大体口だけで選挙に行っていません。結果はどうであれ、まずは自分がどこかに1票を入れること。それが大事だと思います。

12.政権の取れない党に入れても政権取れないですよね。
政権が取れる党は大体決まっていますので、それ以外に入れたところで逆転するケースは少ないと思いますが、どこかに投票するという行動を実際に起こせば、自分の中でも納得がいくのではないでしょうか。

13.投票箱に入れた瞬間、どこに入れたか聞かれるのですか?
それはありません。見張り役の係員も無言で、ただ見守っているだけです。
出口調査は会場の外でやっています。

バイトはお客様 今すぐできるバイト満足度向上策15個

人件費抑制策としてバイトを使っている企業は多いですが、バイトを使い捨ての雑巾のように酷使しているのも事実。
今の時代バイトを新規に採用するのも求人費等コストがかかるので、一人辞められただけで数万円の支出。
だけどそれを管理者や店長は自分の責任だと気づかず、辞めるバイトを責めるばかり。
バイトが辞められた、悔しい。と思う人はほとんど誰もいないでしょう。

こんな職場になればいいのにな、という願いも含めて向上策を上げておきますので管理者や店長は参考にしてください。

1.有給全員全消化
有給は法律で定められていますが、有休消化を促すのも管理者の仕事と考えます。
よって、バイトと有給の日をどうするか話し合い、完全消化を目指します。
有給費用は人への投資と考えると安いものです。

2.引き継ぎノート廃止
引き継ぎノートは、皆のストレスの発散場所として「○○さん○○ができていません」「○○さんきちんとやってください」など指示しか書かれないノートになる場合がほとんどですので、廃止を。
過去に女性店長が病んだのか1ページ丸々使ってぐちぐち書いてるノートを見かけました。気持ち悪い。
一般的に文字は人が思っているよりもキツく厳しく伝わる傾向があります。
何かあるなら直接言う。言えないなら書くな。何のために口があるの。
といったら「私がその時間にいれないから書いてるの」なんていわれましたが、そういう問題じゃない。

3.労基法は守る
万が一何かあったらツイッター炎上要因となるので、「一日の勤務は8時間まで」「週に1回は休む」など、労基法の内容を遵守しましょう。
勤務終了時刻ちょうどになったらすぐに勤務を終了するように促しましょう。

4.読み上げ登録はしない。お辞儀もしない。
マニュアルを守れという経営者は多いですが、マニュアルを破れという経営者は少ないのでビックリされます。
マニュアルは全部従うというものではなく、取り入れるところは取り入れるという柔軟な運用方法でよいのです。
例えば客層キーなんて、誰が来ても男30を押していればよいのです。

5.仕事をどんどん任せる
自分で全部やりたいから独立したと言われそうですが、将来的な複数店舗体制にするにはそれぞれを信じて重要な仕事をやってもらうのが必要不可欠。
菓子の発注からはじめて、中食やチルド飲料、パンの発注、精算などをどんどん任せていきましょう。
そして任せたからには文句を言わない、手は出さないことも大切。

6.休憩時外出OK
休憩は自由に使えるもので無ければならないと労基法にありますので、外出させず事務所にいさせるなどはNG。
従業員が事務所で休憩したいから休憩するのはOK。

7.毎月時給アップ
たとえば毎月無断欠勤がない、勤務状態がよい、など条件を定めて条件に当てはまる場合は毎月時給を10円アップする、としてバイトの士気を高めましょう。

8.ボーナス支給
こちらも条件を定めて、条件に当てはまる場合はA、B、Cなどランクを定めて1~5万円を目安に3ヶ月ごとにボーナスを支給しましょう。
時給アップもボーナスも、求人費用を出さなくて済むと考えれば安いものです。

9.面接時にお茶を出す
労働者は最初に言われたことを意外と覚えている物です。面接時にお茶を出したり、出入り口まで迎える、丁寧な対応をすることが長続きの秘訣です。
面接時に担当者が席を外す、適当な対応をする、書類がないや後日こいなどは御法度です。
最初のトレーニングが適当だと労働者も萎えてしまいます。

10.シフト希望には添う。急遽のお願いはしない
週や月でシフトを決めている職場が多いと思いますが、毎回希望を直接会って聞きます。あの日休みたい、この日休みたいという希望は基本的に全て反映させます。理由は聞いてはいけません。
一時期、バイトに自由にシフトに入ってもらう、みんなで話し合ってシフト決めてね、とやっていた時期もありましたが、高校生はまだ受け身なので決めてもらいたいようです。
急遽欠員が出ても、バイトにお願いしてはいけません。基本的には店長クラスで対処し、それでもダメな場合はバイトに協力を求めます。

11.仕事中の雑談や携帯に対して怒らない
仕事中の雑談は潤滑油です。携帯に関しても、客から見えていなければよいでしょう。
女子高生に対して「しゃべってるばっかりで仕事しない」なんていうと、すぐに辞めてしまいます。
どこまで寛容に温かくできるかが問われています。

12.GW、お盆、クリスマス、年末年始は時給アップ
このような人がみんな休む時期に出てくれる人に対しては、100円程度の時給アップをしましょう。

13.たまにジュースをおごる
「従業員を人間と思っていますよ」「モノ扱いしていませんよ」という姿勢を態度で表すために、たまにはジュースをおごってあげたり、話や愚痴を聞いてあげたりしましょう。

14.ご意見BOXを作る
バイトからの意見を聞くBOXや、それに代わる手紙のような仕組みを作りましょう。
働いているとその人の文字で名前がある程度分かってしまうので、メールによる送付の方法でもよいでしょう。

15.自由に食べれるお菓子やティッシュを事務所に常備する
ちょっとしたお菓子等が事務所にあれば、休憩時の快適さが向上します。