こんなものも?! コンビニで予約注文する方法

コンビニのほぼすべての商品は、電話あるいは対面で「予約」をすることができます。
予約とは、取り置きと似たようなものですが「○○日に○○個欲しいのですが」という、いわゆる特注のようなものです。
本部は宣伝していませんが、売上の低い店ではこれをやると売上をかさましできるので、ギフトと同じぐらい重要なものです。
従業員にとっては忙しくなるだけで何の得もありませんが、近年増えています。

例えばこんなときに。
・入学式や卒業式のお祝いとして(学校)
・地域や町内会の集まりやイベントとして
・ちょっとしたパーティーに
・職場での会合に
・部下へのプレゼントに(職場)

予約商品として多いのは以下のようなものです
・弁当、おにぎり30個 ペットボトル飲料30本
・パン30個
・PBのビスケットやドーナツ
・アイス取り置き(夏)
・QUOカード50枚(現金のみ)

そして、大量注文すると以下のようなサービスを受けられる場合もあります(店長との交渉による)
・職場、学校、あるいはイベント先への指定日指定時刻の配送
・この商品とこの商品をこの袋に、などといった個包装
・商品代金端数分のカット

申し込みは基本的には早いほうがいいです。弁当類などのいわゆるデイリー品の発注は毎日やっていますが、物によっては2日前のものもありますので、デイリー品は3日前までにしてください。
菓子やQUOカードなどの商品は、週3日配送が基本ですので、1週間前までに申し込むことをオススメします。

基本的には後払い(届き次第レジでその場で会計するので多彩な決済方法が可能)ですが、大量注文の場合は前払い、あるいは店長指定口座への振り込みが必要な場合もありますので、詳しくは店舗に相談してみてください。担保(?)として名前と電話番号を聞く店舗がほとんどです。
本部のサイトから購入できる物もありますが、絶対に前払いで配送に関してもスタッフは配送せず配送業者がやりますので時間も数時間単位です。それに対して地元の店であれば融通が利くので、最終日に現金で払うといったものや配送も地元に熟知した店のスタッフ及び店長がやることで指定時刻までに届けるといったことが可能になります。
皆様もリアル店舗の強みを生かしてコンビニを活用しましょう。

賞味期限ある?ない?15種類調べてみた

小売業者なら誰でも考えなければいけないのが、賞味期限の管理。

過去の経験から、どのような商品は賞味期限があって、どのような商品は賞味期限がないのか、まとめました。

賞味期限あり
ペットボトル飲料
1年程度と日持ちはしますが、売上の低い店だと売れない商品は期限切れになることも。
ホット飲料は冬がシーズンですが、期限が8~10ヶ月程度となっており、来年までは持ち越せないので注意。

ビール
ビールにも賞味期限があります。缶の裏側に表記されているので、見つけにくいのが難点。

栄養ドリンク
驚くかもしれませんが、栄養ドリンクも食品なので賞味期限があります。
リポビタンDやウィダーinゼリーも期限表示ありです。
高価な1,000円を超える商品は売れなくて賞味期限切れになることも。

JT生産のたばこ
実は!たばこにも賞味期限があります。
というのは厳密には嘘で、JTが新鮮なタバコを提供したいが為に日本人の新鮮さの弱さにつけ込んで、日本でのみ賞味期限表示をやっています。
なので外国タバコには期限表示はありません。容器底面に記載されています。
ほとんどの販売店では忙しすぎてタバコの賞味期限チェックなどやっておらず、うっかり期限を切らして客に怒られるということになりかねません。

調味料等の一般食品
焼肉のたれや油、一味や七味、こしょう、ワサビ、オリーブオイル、ふりかけ、インスタントラーメン、ジャム、コーヒー豆が例です。

冷凍食品
冷凍しているから期限無いのでは?と思うかもしれませんが、冷凍食品にも賞味期限があります。

レトルトごはん
佐藤のごはんのようなレトルトごはんにも、賞味期限があります。
容器側面に記載されています。

缶詰
缶詰は賞味期限が2~3年程度とかなり長いですが、長すぎて誰もチェックせず、うっかりということも。
期限が切れても10年持つなんて言われていますが、販売現場ではそんなことはできません。

サプリメント
サプリメントは様々な物質の化合物であるため、賞味期限があります。
1~2年程度と長いので、見逃しやすいです。

電池
電池は「使用推奨期限」ということで、液漏れ等の恐れがあるため、新品未開封でもこの期限までに使ってくださいね、という期限を表しています。
10年程度持つようです。

賞味期限なし
アイスクリーム
アイスは冷凍食品と思いそうですが、原則として期限表示はありません。
一部商品には期限表示があるものもあります。


氷は水を冷凍しただけのものなので、期限表示はありません。

ガム
原則として物質変化が起こらないという理由から期限表示はありませんが、特定保健用食品のガム(例えば記憶力がどうこう)の場合は表示義務があります。
ハイチュウはガムではないので期限表示ありです。

ワイン、常温酒
熟成した方が味がおいしいという理由から、賞味期限の表示義務はありません。ただし製造年月は表示されているので、そこから判断してください。

砂糖、塩
砂糖と塩に限っては期限表示はありませんが、塩こしょうは期限表示があります。

雑記
おにぎりや弁当はいつまでもつのか?
「午後5時」などと書かれたおにぎりや弁当をうっかり食べ忘れてしまった、買っていたのに友達と外食に行くことになった、なんて人もいるかもしれませんが、
私もいろいろな期限切れおにぎりや弁当を食べたことがありますが、
コンビニ弁当の限界は 12時間
スーパー厨房手作り弁当の限界は 24時間(変色しているものは食べないこと) です。(25度環境にて)
冷蔵庫に入れるともう少し持つかもしれませんが、保証はできません。
これを超えると腐り、健康に悪影響が出ます。
本当に12時間、24時間でも食えるのか?と試してみたくなるかもしれませんが、人によってはお腹を下す恐れもありますので、絶対に辞めてください。あくまでも「ふーん」という程度で覚えておき、万が一の時はなるべく上の時間を超過しないようなるべく早めに食べる、もし上の限界値に達した場合は捨ててください。
コンビニによく廃棄を食べに来るホームレスが集まっていて問題だという記事がよくありますが、ホームレスは確かに問題ですが、まだ食べられるものを捨てているという点では熟考の余地有りです。

外国人を雇わない方がいい10の理由

近年外国人労働者が増えていますが、雇ってから従業員の間で愚痴のネタになることも。この記事は「外国人も平等に扱え」という論旨は無視して、外国人を採用して実際に起きた事例を参考に、採用する際の注意点を考えたものです。
確かに真面目な人もいますが、ごく少数。単純労働である工場は向いていますが接客業には向かないので採用しない方がいいと思います。

1.カタカナが読めない
漢字は読めてもカタカナが読めない人がいるので、業務に支障が出る場合も。
また言葉のやりとりはできても文字全般理解不能な人も。言葉のやりとりに関しても微妙なニュアンスは伝わらない。

2.言語の雰囲気が通じない
怒っていても笑うなど、雰囲気が分からない場合も。
また日本語が不自由な点やイレギュラーにすぐに対応できない点で、客を怒らせる場合も。

3.宗教上の休みを取る
崇拝だかなんだかという理由で、休みを取ることも。

4.考えが極端
指示もYesかNoかでする必要がある。「どちらでもいい」という返答は許されない。
日本人の「報連相」はまず無いと思った方がよい。

5.すぐ辞める
日本人とは違い、何か不都合なことが起きるとすぐ辞めて他の会社に移る。2週間とか思いやりとかいう概念はなく、即日だ。

6.挨拶が適当
気分屋といえばいいのか、日本人の独特なマナーというものはなく、数年いるベテランのような振る舞いを入社一日目からする。
先輩にタメ語で話したり、「お疲れ様です」を使わず「しゃーす!」なんていう場合も。挨拶に関しての教育は難しい。

7.中身がない
「○○さん」と人を呼ぶ割には呼んだだけで何も聞かないなど、中身がない質問をする。

8.内引きや窃盗、サボりをする
日本人ではなかなかないが、ロッカーから他人の私物を奪ったり、レジの金銭を奪ったり、客から見える場所で携帯をするなど、大胆な行動をする。
だがカメラがある場合はすべて記録されているので言い逃れはできない。

9.自己評価がものすごく高い
「私仕事できます!」「経験あります!」などと嘘をついてでも経験がある、ベテランだ、と謳って面接してくることがあるが、どこの場所なのか?いつからいつまで?など入念に確認を。
前の職場で1ヶ月や数回しか勤務しなかったのに「経験あります」なんていうことも。経験ありますというなら最低半年の勤続期間は必要。

10.一人採用すると調子に乗って友達を呼んでくる
日本は保守的な国なのでなかなか外国人を採用しないが、もし優しい事業所があったとして一人採用すると、外国人ネットワークで「ここは働けるぞ!応募しろ!」と評判になって、カタカナの名前の人がたくさん応募してくる。
もし調子に乗ってこれらの人を採用すると、たまに内引きや窃盗などを起こして店舗に損失を与えるリスクが高まる。
そして一度採用してしまうと、労基法の規定によりなかなかクビにはできない。(解雇は30日前予告、あるいは30日分賃金補償が必要)
基本的に日本人より仕事しない傾向が強いので注意。
客はもっと敏感で、外国人は不安だから外国人のいる店には行かない、なんて客もいます。

ただ労働に関しての姿勢は高く、遅刻もしないし低賃金・長時間労働にも文句を言わないので、それらとどうバランスを取るかが大事だ。